カテゴリー別アーカイブ: パソコン

ONE NETBOOK MIX3S プラチナエディション(I7) VS SURFECE PRO(I5) 使用レビュー その4

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション

では、one netbook 3sプラチナエディション(core i7 ・16GB)が買いかどうか・・・については、実際に使用してみた結果、Noの判定となりました。

一見、コストパフォーマンスは良さそうに感じます。

確かに、スペックとしてはCPU:core i7・メモリ:16GB・ストレージ:SSD512GBであり、スペック的にはコストパフォーマンスがよく見えます。

↓アマゾンで¥152,999-(2019年9月23日現在)となります。

条件としては、当然キーボード付きですが、officeは付属せず。

↓対して、今回の比較レビューに使用したsurfece pro2017より新しい、surfece pro6のi5・8GB・256GBであれば、¥127,174-(2019年9月23日現在)となります。

条件としては、キーボードは別売りですが、office2019H&Bが付属します。

以上を比較すれば、性能比のコストパフォーマンスは断然surfeceに軍配があがるのではないでしょうか。

サイズを気にするのであれば、surfece go(CPU:Pentium® Gold 4415Y・メモリ:8GB:ストレージ:SSD 128GB・Office H&B付)¥68,800-(2019年9月23日現在)ではないでしょうか???

仮にone netbook を買うとしても、core m3-8100Yで¥116,999–(2019年9月23日現在)でしょう。

今回は、酷評となってしまいました。

今後、one netbookが性能や品質の改善がなされることを切に願います。

では・・・(@^^)/~~~

ONE NETBOOK MIX3S プラチナエディション(I7) VS SURFECE PRO(I5) 使用レビュー その3

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション

今回は、実機レビューをしていきます。

この投稿は、辛口の酷評となります。

もうone netbook 3sを購入してしまった方は、そっと本ページを閉じた方が良いと思います。

まず・・・

キーボード

one netbook 3sキーボード配列

one netbookのキーボードは、英語キーボード(バックライト付き)となります。

ついては、半角・無変換などのキーがありません。

これは、操作を覚えるまでに時間がかかります。

また、「Enter」キーが小さくなり、その部分に「Delete」があるため、いつものキーボードの感覚でEnterキーをおすと、Deleteを押してしまい、状況によっては後ろの文字を削除してしまします。

また、one netbook 3sを使用していると、パームレストが触れないほど暑くなります。

この部分が本当に触れないくらい熱くなる
裏のこのあたりも超高温になります。

ベンチテストをしている時はもちろん熱くなりますが、動画を見ているとき(MP4・youtubeともに発熱を確認)も熱くなります。

本当に熱いので、操作に支障を来します。

また、原因は排熱処理に問題があることですが、i7-8500Yの最大クロックまでクロックがブーストされません。

最近のCPUは、通常のベースクロックのほか、CPUに負荷がかかるとターボ・ブーストと言い、クロックが上がり処理能力が高くなります。

i7-8500Yの場合、ベースクロックが1.5GHz・ターボブースト時最大4.2GHzとなりますが、排熱が悪くクロック上昇に制限がかかります。

つまり、CPU本体が熱くなり、性能を落とそうとしている状態です。

結果、4.2まで上がるはずのクロックは、実質最大2.2~2.3GHz以上がりません。

one netbook 3s ベンチテスト時

ちなみに、surfeceは、ベンチテスト時3.0GHz程度まで上がっていました。

surfece pro2017ベンチテスト時

モニターについては、目で見ても特に違いは分かりませんが、なぜか写真でとると青く、ぼやけて移ります。

原因は、詳細不明ですが、リフレッシュレートが55Hzと他のパソコンより低いことが関係しているかもしれません。

また、これは初期不良の可能性もありますが、Wi-Fiの受信感度が極端に低く、他のパソコン・iPhone・アンドロイドでは受信できるが、one netbook 3sでは受信も接続もできないことが多々ありました。

アンドロイドでは3つ受信しているが、one netbookでは2つのみ
surfaceでは多数受信しているが、one netbookでは2つのみ
one netbookでの通信速度14.5Mbps
surfeceでは30.1Mbps

上記Wi-Fiについては、初期不良と思われますので、交換の申し出をしてみます。

再インストールなど、、大変そう・・・。

次のページに続く

ONE NETBOOK MIX3S プラチナエディション(I7) VS SURFECE PRO(I5) 使用レビュー その2

前回に引き続き、one netbook3sの使用レビューをしていきます。

今回は、surface pro2017(詳細は、前の投稿「その1」参照)とスコアを比較していきます。

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション

まずは、それぞれのスペックを確認します。

surface pro2017 core i5-7300U 8GB M2SSD 256GB
one netbook3s core i7-8500Y 16GB PCIeSSD512GB

one netbook 3sとsurfece pro2017を対比レビューする訳ですが、仕様上のスペックは当然one netbook 3sの方が上となります。

CPUについても、surfaceが第7世代のcorei5-7300Uに対して、one netbook 3sは第8世代のcorei7-8500Yとなり、

メモリについても、surfece pro2017が8GBに対して、one netbook 3sが16GB、

ストレージは、surfeceがM.2接続258GBに対して、one netbook 3sがPCIe接続512GB

となります。

まずはストレージの速度から・・・

左-surfece  右-one netbook 3s

ソフトの起動・大容量データの保存などで特に実感はできませんでしたが、スコアとしては、one netbook 3sの方が断然良い数値が出ました。

読み込みは、特に目立った違いはありませんが、書き込みについては全項目ともにone netbook 3sが大きく上回りました。

次に、CINEBENCHでスコアを計測してみます。

one netbook 3s 計測中
当然CPU100%となります。
one netbook 3s
スコアは532ポイント
surface pro2017計測中
surfece pro2017
スコアは733ポイント

以上のように、最新のone netbook 3sがsurfece pro2017に負けてしまう結果となりました。

これは、surfeceがintel UHD Graphics620に対して、one netbook 3sがIntel UHD Graphics615だからでしょうか。

詳細は、不明です。

次は、ファイナルファンタジーです。

onenetbook3s
one netbook 3s計測中
onenetbook3sスコア
one netbook 3s
スコア1684
surfece pro2017
スコア1558

少し安心しました。

今回は、one netbook 3sが若干ですが上回りました。

one netbook 3sプラチナエディションは、史上最強のUMPCなどと言われていますが、2世代前のsurfece pro i5とほぼ同等の性能ということが分かりました。

最近は、corei7とi5がほぼ同性能と言われていますが、そのものの結果が出てしまいました。

 (i7は、i5に対してハイパースレッティングが追加されていることから、高負荷の状態ではi7のが方が性能を発揮するが、通常の状態ではあまり変わらない)

最強のUMPCと揶揄されていますが、何を言ってもi7-8500YはTDP5Wの超省電力のCPUであり、通常のcore mなどよりも性能的には低いものですので、当然の結果といえるでしょう。

次は、実際の操作性などをレビューしてみます。

近いうちに、アップします。

では、また・・・(@^^)/~~~

one netbook mix3s プラチナエディション(i7) vs surfece pro(i5) 使用レビュー その1

今回、one netbook 3sプラチナエディション(スペック以下)を購入してみましたので、手持ちのsurface proと対比レビューしてみます。

短時間ですが実際に使用してのレビューですので、結論として酷評となることをお許しください。

それぞれのスペック

OneMix3S(one netbook社製)

システム環境:
OS: Microsoft Windows 10 Home (ver.10.0.17134 Build 17134)
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-8500Y CPU @ 1.50GHz(最大4.2GHz←熱暴走により2.2~2.3GHz以上がりません)
メモリ:16GB( 16301.402MB) ストレージ:ssd512GB(PCIe接続)
Intel(R) UHD Graphics 615(VRAM 128 MB)

surface pro 2017 LTE Advanced

システム環境:
OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.17763 Build 17763)
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-7300U CPU @ 2.60GHz (最大3.5GHz←3.2GHzまでは確認)
メモリ:8GB(8117.156MB)
Intel(R) HD Graphics 620(VRAM 128 MB)

サーフェスは昨年(2018年)に、以前使用していたものが壊れた際に新しいものを購入しました。ちなみに最新式を購入したかったのですが、LTEバージョンのみ最新式(surface Pro 6)が発売しておらず、少し型落ちしたものになります。

つまりレビューに使用するsurfaceは2年前のモデルとなります。

対してone netbookは、2019年8月7日発売(ネット情報ですので、メーカーより発売なのか、日本代理店より国内発売なのかわかりません。)のれっきとした最新モデルです。

one mix3sにも2種類あり、CPUがM3-8100Yのものと、i7-8500Yがあります。

今回、かなり悩んだ挙げ句、i7-8500Y(国内正規版)をAmazonで157,980円で購入しました。

まずは外観から・・・

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション
天板部分
底面(黒い部分は冷却用吸気口)
前面(特に何もなし)
右側面-USB3.1・USB- C(充電ポートを兼ねる)・MicroSD
左側面-MiniHDMI・イヤホンマイクジャック
180°開いたところ
360°回転させ、タブレット状にしたところ

つぎに、surfeceとの対比です。

※もちろん、大きい方がsurfece・小さい方がone netbookです。

では、また明日・・・

厚みは、one netbookの方が分厚い

左右に並べて
左右に並べて

もう朝になってしまいましたので、残りは明日?できるだけ早く投稿します。

次は、ベンチテストをします。(もう実施し、投稿するだけですが・・・)

思わぬone netbookの欠陥も発覚しましたので、乞うご期待下さい。

Dell Inspiron N5110 分解方法&HDD→SSD交換方法 2

前回に引き続き、分解を続けて行きます。

前回、下写真まで投稿しましたが、再度…

キーボード、PC裏のネジを全て外し、PC側面から外します。

外すのは裏蓋ではなく、パームレスト部分です。


つまり、下写真のように、パームレストが上に開き、外れます。


HDDは、今見えている基盤(左側の大きい基盤)の裏に付いています。

つまり、この基盤を外さなければいけません。

なかなか面倒ですよね。

基盤のネジを外していきます。

外すネジは、下写真の△マークが付いているところと、次項に書くネジです。

※この項目で外すネジ(基盤に直接付いているネジ)だけ長さが違うので、他のネジと分けて置いておいて下さい。


次に、下写真のように、左側のモニターヒンジのネジを2本とも外します。

※左側だけです。CPUヒートシンクが繋がっています。


これで基本的には基盤は外れる状態です。

ただ、外そうと思っても動きません。

なぜなら、外す基盤と、下にある基盤が次二項の写真のような端子で繋がっているからです。

これは引っ張るだけでパチッと端子が外れます。

場所は、指差している箇所と、左側モニターヒンジの下部分の二箇所です。


端子をパチっと外しながら基盤を上手く外します。

これで晴れて、基盤が外れます。

以下写真のとおり、

キーボード

パームレスト

基盤

が本体から外された状態です。

※本体裏側のメモリー交換用の蓋、CDドライブも外れている状態です。


基盤をひっくり返すと、やっと出てきました。

HDD

後は、SSDを交換しようとする人なら、一目瞭然で分かると思います。


元どおり、以上の手順と逆で組んで行って下さい。

文字だけで書いておきます。

1基盤を戻す。

 ※下の基盤との端子二箇所を上手く付けて下さい。

※ネジは短い方で、4つです。

※ヒンジの部分にはCPUヒートシンクを付けます。ヒートシンクは、ヒンジ部品の下に入ります。ネジ長い方2本です。

2パームレストを取り付けます。

※キーボードを付ける前にネジを付けます。長い方3本か4本です。

3キーボードを付けます。

※キーボードを付ける前に、キーボード他のパラレルケーブルを付けるのを忘れないように!! 

4裏返し、CDドライブ、メモリー交換用蓋を付け、ネジを締めていきます。

※ネジ長い方、いっぱい!

以上で完了です。

ちなみにイメージコピーについては、EaseUS Todo Backupを使いました。

EaseUS Todo Backupの使い方や、ダウンロードはこちらから。。。

https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

では、良いPCライフを…( ^_^)/~~~

Dell Inspiron N5110 分解方法&HDD→SSD交換方法 1

今日は、自分のサブPCの改造をして見ます。

PCは、表記の通り、DELL Inspiron N5110です。


CPUはもともとcore i5ですので、交換見送り

メモリーは現在4GBですので、8GBに増設予定(DDR3)

HDDは500GBでしたが、SSD256GBに交換

のプランです。

※メモリーは注文しましたが、間に合いませんでしたので、今度にします。

SSDについては、デスクトップで使っていたものを取り外しましたので、それを流用します。

※デスクトップSSDは、SATAから、m.2SSD(SAMSUNG 960EVO M.2)に交換しました。↑めっちゃ早いのでオススメデスクトップ。

今回使うSSDは、下写真のとおり、PLEXTOR M5Pです。

発売されてから少し経ちますが、新商品と比べても見劣りしない性能です。

また耐久性に関しても、4〜5年使ってますが、全く問題なしです。

では、分解していきます。

ちなみに、DELLのノートパソコンは、分解し難いものが多いと言われています。

自社BTO擁護のためでしょうか…!?

まずは、キーボードを外します。

キーボードの奥側に爪を入れて持ち上げると外れます。

キーボードのケーブルを外します。

キーボードを外すと4つネジがありますので、外します。


次にPC裏のネジを外していきます。


いよいよ分解していきます。

次のページにお進み下さい。

NEC VN370/D CPU交換 メモリー増設 SSD交換 その4

BIOS設定

1.電源を入れ、すぐに「F2」を押す(押すというより、連打した方が良いかも・・・)

BIOSの起動方法はメーカーによって違いますが、ほとんどの場合は「F2」です。

NEC 「F2」
富士通 「F2」
ソニー 「F2」
東芝 「ESC」キーを押しながら起動 → メーカーロゴ表示で「F1」キーを押す
その他自作機等 「Delete」

2.BIOSで、「SPEEDSTEP」、「Turbo boost」を「enabled」 に変更。

IMG_5868

これで、きちんと認識されるようになります。

3.↓のとおり認識されるようになります。

IMG_5869

IMG_5861

これで、

CPU Celeron P4600 → core i5 430M

memory 4GB → 8GB

HDD 1TB → SSD 256GB

のカスタマイズが終了です。

 

動作については、SSDですので、WINDOWSもソフトも起動が爆速ですし、PHOTOSHOPなどの処理も速く、全くストレスなく使えます。

クリックしたら、即ソフト起動など、待ち時間がほぼ全くありませんので、パソコンが家電化されたような感じです。

NEC VN370/D CPU交換 メモリー増設 SSD交換 その3

HDD、メモリーの選定

HDD(SSD)とメモリーの選定については、全て規格となりますので、難しくありません。

HDD(SSD)は、

  1. サイズ:3.5inch、2.5inch(レアケースとして1.8inch)
  2. 接続規格:mSATA、SATA(300と600あり)、PATA(一部LENOVOでSFF-8784規格あり)

の2種類で選定していきます。

VN370/Dは、3.5インチ、SATA300ですが、

選定したSSDは、2.5インチ、SATA600です。

サイズについては、物理的なサイズになりますので、3.5インチのところに2.5インチを入れることが可能です。(アダプタなので固定を推奨)

接続規格については、同じSATAであれば、下位互換しますのであまり気にしなくでも大丈夫です。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

メモリーは

1.規格

DDR1(PC1)~DDR4(PC4)

このDDR○の後ろにクロックが表示されます。(下位互換あり)

(DDR3には、「DDR3L」という低電圧版あり)

古い規格では、RDRAMやSDRAMがありましたが、今はもう存在しません。

2.サイズ

ノートパソコン用→S.O.DIMM

デスクトップ用→DIMM

となります。

このパソコンは、ノートパソコン用のメモリーですので、

S.O.DIMM DDR3-1600(PC3-12800) 4GB × 2枚

としました。

IMG_5841

では、実際にHDD(SSD)とメモリーを交換していきます。

1.筐体を開けます。

※筐体(ボンネット)の開け方は、前頁(CPU置換)をご覧下さい。

2.HDDは↓に入っています。

IMG_5835

3.既存HDDが付いているケースを外し、新SSDに取り替えます。

IMG_5846

IMG_5844

4.メモリー取替

メモリーは今付いているものを外し、新メモリーに付け替えるだけです。

IMG_5842

※メモリー取替えだけなら、↓のフタを外して交換することもできます。

IMG_5860

次頁でBIOS設定をしていきます。

きちんとBIOS設定しないと、ちゃんと性能どおり作動しませんので、注意して下さい。

NEC VN370/D CPU交換 メモリー増設 SSD交換 その2

CPUの選定と置換

IMG_5850

NEC VN370/D(PC-VN370DS6B)は、HDD以外のすべての部品がノートパソコン用が使われています。

それ故、他のブログや知恵袋系ではCPU変更不可との投稿がされています。

では、本当に変更が不可能か、、、ノートパソコンの場合は無理なのか・・・という話になりますが、結論としては、可能・・・となります。

当社では、デスクトップ、ノートともにCPUを始めとする各部品と交換、カスタマイズを行っています。

ただし、デスクトップ、ノートという括りではありませんが、基本としてメーカー製のパソコンの場合は、新しいCPUに変更するとマザーボードの規格上は対応しているがBIOSが対応せず、作動はするが

  • CPU名の表示がされない
  • CPU上の一部の機能(HTやVTなど)作動しない

※最悪起動すらしないというブログ投稿などをよく見ますが、chipsetで対応している場合は、起動すらしないということはほとんどありません。当社でも今のところ経験がありません。

ということがよくあります。

実際に、対応するCPUかどうかの確認方法としては、

一番間違いない方法としては、そのパソコンの上級グレード品に使用されているCPUを選定することです。

ただし、それであれば選定範囲が狭まってしまします。

そこで、第二の方法は、

  1. 最新のBIOSのバージョンを確認する。
  2. 同じBIOSが使われている他のパソコンに搭載されているCPUで、お使いマザーボード(CHIPSET)にも対応しているCPU

となります。

今回は、「core i5 430M」を選定しました。

i7-640Mにしようかとも思いましたが、コストパフォーマンスを考えて、i5-430Mにしました。

実際に現CPU「cerelon P4600」から「i5 430M」に取り替えてみます。

1.ケースを慎重に開けていきます。筐体上部に爪がありますので、特に慎重に。  

 IMG_5832 IMG_5833

2.開けると↓こんな感じです。

IMG_5834

3.CPUは、↓ここのヒートシンクを外した下に付いています。

          IMG_5859

4.ヒートシンクを外します。外すと↓のように見えます。

上-新しいCPU  下-元々付いているCPU

IMG_5852

5. ↓のネジを180°回すとロックが外れますので、既存のCPUを外し、新しいCPUを付けます。付ける時は、CPUの▲印と、マザーボードの印の方向を合わせます。

IMG_5851

CPUの▲印IMG_5854

マザーボードの印
IMG_5855

6.⑤の最初記載のネジを180°回してロックします。

その後、CPUに熱伝導グリスを付けます。

IMG_5857 IMG_5858

※熱伝導グリスを付け方は、色々な方法があります。

一般的には、ヘラでまんべんなく薄くのばしてからヒートシンクを付けるようですが、なかなかまんべんなくのびず、ヒートシンクとCPUの間に気泡ができて、熱伝導不良を起こすということがよくあります。

当社では、CPUの中央部分に豆粒状に付けて、ヒートシンクを押しつけることによってまんべんなく延ばす方法をとっています。

この方法の方が、失敗がありません。

7.ヒートシンクを元に戻します。

 

次にSSDとメモリーを交換します。

次頁におすすみください。

 

NECVALUESTAR N VN370/D メモリー増設8GB SSD交換 256GB CPU交換core i5 430M

今回は、表題記載のとおり

CPU celeron p4600→core i5 430M

メモリー増設 4GB→8GB

HDD1TB→SSD256GB

Windows7→Windows10

をやってみたいと思います。


皆様のPCカスタマイズの参考になればと思います。

このパソコンも発売より6年が経ち、さすがに使い物にならない感が出てきましたが、ネックとなっている部分を変えることにより、まだまだ使えるようになると思います。

本PCは、ノート用の部品が使われていることから、CPU交換は無理とのネット投稿がありますが、それは真っ赤なウソ、間違いです。

メーカー製のノートパソコンでも、CPU交換は可能ですし、当社でもカスタマイズとしてCPU交換はしょっちゅう実施しております。


では、順を追ってカスタマイズしていきます。

次の投稿にお進み下さい。