one netbook mix3s

ONE NETBOOK MIX3S プラチナエディション(I7) VS SURFECE PRO(I5) 使用レビュー その4

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション

では、one netbook 3sプラチナエディション(core i7 ・16GB)が買いかどうか・・・については、実際に使用してみた結果、Noの判定となりました。

一見、コストパフォーマンスは良さそうに感じます。

確かに、スペックとしてはCPU:core i7・メモリ:16GB・ストレージ:SSD512GBであり、スペック的にはコストパフォーマンスがよく見えます。

↓アマゾンで¥152,999-(2019年9月23日現在)となります。

条件としては、当然キーボード付きですが、officeは付属せず。

↓対して、今回の比較レビューに使用したsurfece pro2017より新しい、surfece pro6のi5・8GB・256GBであれば、¥127,174-(2019年9月23日現在)となります。

条件としては、キーボードは別売りですが、office2019H&Bが付属します。

以上を比較すれば、性能比のコストパフォーマンスは断然surfeceに軍配があがるのではないでしょうか。

サイズを気にするのであれば、surfece go(CPU:Pentium® Gold 4415Y・メモリ:8GB:ストレージ:SSD 128GB・Office H&B付)¥68,800-(2019年9月23日現在)ではないでしょうか???

仮にone netbook を買うとしても、core m3-8100Yで¥116,999–(2019年9月23日現在)でしょう。

今回は、酷評となってしまいました。

今後、one netbookが性能や品質の改善がなされることを切に願います。

では・・・(@^^)/~~~

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください