ONE NETBOOK MIX3S プラチナエディション(I7) VS SURFECE PRO(I5) 使用レビュー その3

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション

今回は、実機レビューをしていきます。

この投稿は、辛口の酷評となります。

もうone netbook 3sを購入してしまった方は、そっと本ページを閉じた方が良いと思います。

まず・・・

キーボード

one netbook 3sキーボード配列

one netbookのキーボードは、英語キーボード(バックライト付き)となります。

ついては、半角・無変換などのキーがありません。

これは、操作を覚えるまでに時間がかかります。

また、「Enter」キーが小さくなり、その部分に「Delete」があるため、いつものキーボードの感覚でEnterキーをおすと、Deleteを押してしまい、状況によっては後ろの文字を削除してしまします。

また、one netbook 3sを使用していると、パームレストが触れないほど暑くなります。

この部分が本当に触れないくらい熱くなる
裏のこのあたりも超高温になります。

ベンチテストをしている時はもちろん熱くなりますが、動画を見ているとき(MP4・youtubeともに発熱を確認)も熱くなります。

本当に熱いので、操作に支障を来します。

また、原因は排熱処理に問題があることですが、i7-8500Yの最大クロックまでクロックがブーストされません。

最近のCPUは、通常のベースクロックのほか、CPUに負荷がかかるとターボ・ブーストと言い、クロックが上がり処理能力が高くなります。

i7-8500Yの場合、ベースクロックが1.5GHz・ターボブースト時最大4.2GHzとなりますが、排熱が悪くクロック上昇に制限がかかります。

つまり、CPU本体が熱くなり、性能を落とそうとしている状態です。

結果、4.2まで上がるはずのクロックは、実質最大2.2~2.3GHz以上がりません。

one netbook 3s ベンチテスト時

ちなみに、surfeceは、ベンチテスト時3.0GHz程度まで上がっていました。

surfece pro2017ベンチテスト時

モニターについては、目で見ても特に違いは分かりませんが、なぜか写真でとると青く、ぼやけて移ります。

原因は、詳細不明ですが、リフレッシュレートが55Hzと他のパソコンより低いことが関係しているかもしれません。

また、これは初期不良の可能性もありますが、Wi-Fiの受信感度が極端に低く、他のパソコン・iPhone・アンドロイドでは受信できるが、one netbook 3sでは受信も接続もできないことが多々ありました。

アンドロイドでは3つ受信しているが、one netbookでは2つのみ
surfaceでは多数受信しているが、one netbookでは2つのみ
one netbookでの通信速度14.5Mbps
surfeceでは30.1Mbps

上記Wi-Fiについては、初期不良と思われますので、交換の申し出をしてみます。

再インストールなど、、大変そう・・・。

次のページに続く

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください