タグ別アーカイブ: 熱暴走

ONE NETBOOK MIX3S プラチナエディション(I7) VS SURFECE PRO(I5) 使用レビュー その2

前回に引き続き、one netbook3sの使用レビューをしていきます。

今回は、surface pro2017(詳細は、前の投稿「その1」参照)とスコアを比較していきます。

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション

まずは、それぞれのスペックを確認します。

surface pro2017 core i5-7300U 8GB M2SSD 256GB
one netbook3s core i7-8500Y 16GB PCIeSSD512GB

one netbook 3sとsurfece pro2017を対比レビューする訳ですが、仕様上のスペックは当然one netbook 3sの方が上となります。

CPUについても、surfaceが第7世代のcorei5-7300Uに対して、one netbook 3sは第8世代のcorei7-8500Yとなり、

メモリについても、surfece pro2017が8GBに対して、one netbook 3sが16GB、

ストレージは、surfeceがM.2接続258GBに対して、one netbook 3sがPCIe接続512GB

となります。

まずはストレージの速度から・・・

左-surfece  右-one netbook 3s

ソフトの起動・大容量データの保存などで特に実感はできませんでしたが、スコアとしては、one netbook 3sの方が断然良い数値が出ました。

読み込みは、特に目立った違いはありませんが、書き込みについては全項目ともにone netbook 3sが大きく上回りました。

次に、CINEBENCHでスコアを計測してみます。

one netbook 3s 計測中
当然CPU100%となります。
one netbook 3s
スコアは532ポイント
surface pro2017計測中
surfece pro2017
スコアは733ポイント

以上のように、最新のone netbook 3sがsurfece pro2017に負けてしまう結果となりました。

これは、surfeceがintel UHD Graphics620に対して、one netbook 3sがIntel UHD Graphics615だからでしょうか。

詳細は、不明です。

次は、ファイナルファンタジーです。

onenetbook3s
one netbook 3s計測中
onenetbook3sスコア
one netbook 3s
スコア1684
surfece pro2017
スコア1558

少し安心しました。

今回は、one netbook 3sが若干ですが上回りました。

one netbook 3sプラチナエディションは、史上最強のUMPCなどと言われていますが、2世代前のsurfece pro i5とほぼ同等の性能ということが分かりました。

最近は、corei7とi5がほぼ同性能と言われていますが、そのものの結果が出てしまいました。

 (i7は、i5に対してハイパースレッティングが追加されていることから、高負荷の状態ではi7のが方が性能を発揮するが、通常の状態ではあまり変わらない)

最強のUMPCと揶揄されていますが、何を言ってもi7-8500YはTDP5Wの超省電力のCPUであり、通常のcore mなどよりも性能的には低いものですので、当然の結果といえるでしょう。

次は、実際の操作性などをレビューしてみます。

近いうちに、アップします。

では、また・・・(@^^)/~~~

one netbook mix3s プラチナエディション(i7) vs surfece pro(i5) 使用レビュー その1

今回、one netbook 3sプラチナエディション(スペック以下)を購入してみましたので、手持ちのsurface proと対比レビューしてみます。

短時間ですが実際に使用してのレビューですので、結論として酷評となることをお許しください。

それぞれのスペック

OneMix3S(one netbook社製)

システム環境:
OS: Microsoft Windows 10 Home (ver.10.0.17134 Build 17134)
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-8500Y CPU @ 1.50GHz(最大4.2GHz←熱暴走により2.2~2.3GHz以上がりません)
メモリ:16GB( 16301.402MB) ストレージ:ssd512GB(PCIe接続)
Intel(R) UHD Graphics 615(VRAM 128 MB)

surface pro 2017 LTE Advanced

システム環境:
OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.17763 Build 17763)
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-7300U CPU @ 2.60GHz (最大3.5GHz←3.2GHzまでは確認)
メモリ:8GB(8117.156MB)
Intel(R) HD Graphics 620(VRAM 128 MB)

サーフェスは昨年(2018年)に、以前使用していたものが壊れた際に新しいものを購入しました。ちなみに最新式を購入したかったのですが、LTEバージョンのみ最新式(surface Pro 6)が発売しておらず、少し型落ちしたものになります。

つまりレビューに使用するsurfaceは2年前のモデルとなります。

対してone netbookは、2019年8月7日発売(ネット情報ですので、メーカーより発売なのか、日本代理店より国内発売なのかわかりません。)のれっきとした最新モデルです。

one mix3sにも2種類あり、CPUがM3-8100Yのものと、i7-8500Yがあります。

今回、かなり悩んだ挙げ句、i7-8500Y(国内正規版)をAmazonで157,980円で購入しました。

まずは外観から・・・

ONE NET MIX3S i7 プラチナエディション
天板部分
底面(黒い部分は冷却用吸気口)
前面(特に何もなし)
右側面-USB3.1・USB- C(充電ポートを兼ねる)・MicroSD
左側面-MiniHDMI・イヤホンマイクジャック
180°開いたところ
360°回転させ、タブレット状にしたところ

つぎに、surfeceとの対比です。

※もちろん、大きい方がsurfece・小さい方がone netbookです。

では、また明日・・・

厚みは、one netbookの方が分厚い

左右に並べて
左右に並べて

もう朝になってしまいましたので、残りは明日?できるだけ早く投稿します。

次は、ベンチテストをします。(もう実施し、投稿するだけですが・・・)

思わぬone netbookの欠陥も発覚しましたので、乞うご期待下さい。