デロンギ全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110B その1

今回、5年ほど使用していたネスレバリスタが故障しましたので、デロンギ全自動コーヒーメーカー(マグニフィカ ESAM03110B)を購入しましたので、レビューしてみます。

コーヒーは大好きですが、コーヒーメーカーについてはあまり詳しくありませんので、拙いレビューになりますが、お許し下さい。

amazonで約47,000円で購入、2日後に到着しました。

ロンギ 全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110B
デロンギ 全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110B

カタログ値は以下のとおりです。

  • サイズ:幅280×奥行425×高さ365mm
  • 素材・材質:本体・豆ホッパー/ポリプロピレン、給水タンク/AS(アクリロニトリル・スチレン)樹脂、豆ホッパーふた/ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、抽出ユニット・フロッサー/ポリアセタール樹脂
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:1450W
  • 原産国:イタリア/ルーマニア、保証期間:1年間
  • セット内容・付属品:本体、計量スプーン、クリーニングブラシ、水硬度チェッカー、除石灰剤、簡易マニュアル
  • 着脱式給水タンク容量:1.8L
  • 電源コードの長さ:2m
  • 豆ホッパー容量:200g
  • 本体重量(kg):10.5

カタログ値でサイスは見ていましたので、ある程度想像はしていましたが、以前使用していたバリスタよりはやはり大きいです。

まず、開封して設置し、エアー抜きなどをしていましたが、その際に一つ不可解な点がありました。

箱から開封した時点で、きちんとビニールに入ってはいたのですが、筐体の側面に傷(擦り傷)があることに築きました。

そのほか、天板の部分にコーヒーカップの底の丸い部分を擦ったような擦損もありました。

天板部分の端に擦り傷
コーヒーカップの底を擦ったような傷

また、組み立てをしているときに気付いたことが・・・。

抽出ユニットに、新品にも関わらず、コーヒーの粉が付いているではないか・・・。

新品の抽出ユニットにコーヒーの粉が付いている

一体これはどういうことなのでしょうか。

amazonで新品を購入したのですが、実はメーカー再生品を新品として販売しているのでしょうか???

この点については、メーカーに問い合わせしております。回答があり次第、追ってアップします。

次に実際にコーヒーを入れてみます。

次の頁にどうぞ。

「デロンギ全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110B その1」への3件のフィードバック

  1. コメント失礼します!
    わたしも同じようなものが届いたのですが
    メーカーに問い合わせされたとのことで
    その後どうなりましたか?

    1. メールでお問い合わせをしたところ、突然「新しいものを送ったので、古いものは受取りと同時に、配達員に引き渡して下さい。」とメールが来て、新しい物が送られて来ました。
      ただ、あまりに突然すぎて、当初の商品の梱包などの準備が間に合わず、同時引き取りでしたので、受け取ることもできませんでした。
      あまりに突然すぎたので、その旨の意見をメールで送ったのですが、明確な回答や謝罪はなく、「梱包の準備ができたら送りますので連絡下さい」のようなメールが来て、そのまま放置状態です。

  2. ちなみに、コーヒーの粉が付着しているのは抽出試験をしているからだそうです。
    その後、電話で問合せをしたところ、本体にキズが付いているのは、海外のメーカーの問題なので日本法人に責任はないが、念のため交換します!だってさ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください